2秒だと‘‘43200”になります

ニュース

2秒だと‘‘43200”になります

2秒だと‘‘43200”になります

‘‘43200” この数字は何だか解りますか?

2秒だと‘‘43200”の
‘‘43200”というこの数字
この数字は何だか解りますか?

勘の鋭いあなたは もう解りましたよね。

1日24時間を秒にしますと
‘‘86400”秒になるわけですから
単純にその半分が
‘‘43200”秒になりますよね。

では 、この ‘‘43200” 秒が
何に影響するかと言いますと
”ブログ(サイト)”の 表示スピードに
大きく影響してくるのです

あなたはサイト表示まで”1秒”待てますか?


「え~たった”1秒”でしょう」
「さすがにせっかちな俺でも”1秒”は待てるよ」

なんて声が聞こえてきそうですが

実は 、このたった”1秒”を嫌う
せっかちな方がいるのです。

それは
「G」から始まる
あの有名な検索エンジン(サイト) なんです。

あなたもご存じだと思いますが
検索エンジンは優秀なロボットを使い
全世界のサイトをチェックしています。

ですから 、チェックする側からですと

1日に少しでも多くのサイトを
チェックしたいわけなんです。

そこに 、表示スピードの”1秒”が
大きく影響してくるのです。

単純計算で考えると 表示スピードが
平均”2秒”のサイトですと
「43200サイト」
平均”1秒”のサイトですと
「86400サイト」

1日でチェックできる数が
こんなに違ってしまうのです。

これは
検索サイトの「G」さんにしては
大きなことなんです。


優秀サイト = 表示スピードが速い

「G」さんは検索エンジンを 利用してくれる”ユーザー”に
快適にネットサーフィンをして欲しいと 考えています。

「G」さんの検索が快適とならば
多くのユーザーが利用してくれます。

そうなると ”クリック型”広告の露出が多くなり

結果的に「G」さんに
多くの広告費が入ってくるのです。

ですから
ユーザーが快適に閲覧できるサイト

ようするに
”表示スピード”が速いサイトを 優秀なサイトと認めてくれ
検索サイトによる順位を 高めてくれる材料にするのです。

そこで
あなたが【資産】にしていく ブログ(サイト)において
コンマ何秒でも 早く表示させる対策が必要なんです。


それでは次回
実際にわたしが経験した ”表示スピード”アップ方法について
お話しをしたいと思います。


次回の
「SO-なんだ | あなたに価値ある情報のお届け」も
お楽しみに!

1

関連記事

タグ

月別アーカイブ

爽眠α